ヨーロッパ回想記 〜お土産とイタリア旅行のおすすめ度〜

本日はイタリア旅行で買ったお土産をいくつか紹介します。イタリアについては雑貨や食品は、日本のものの方がクオリティが高い(その当時は)と感じてしまいあまり買いませんでした。

各観光名所のポストカード

しまい込んでいるので、そろそろ何かに使いたい・・

その他には、

ヴィトンのマルチカラーのコインケース(未だに現役です。)

ローマのティファニーで購入したダイヤモンドのクロスネックレス

イタリアのブランド「Max&Co.」のスカート(デザインが定番なので今でも冬になると大事に着ています(娘))

娘が当時、付き合ってすぐの彼氏(今の夫)に買った「セルモネータグローブス(Sermoneta gloves)」の皮の手袋(こちらも現役中のようです)

こうして見ると意外と今でも使っているものが多く驚きです。

それから最終日、ロンドンのヒースロー空港であまりに暇でつい購入してしまった物たち。ヒースロー空港には「Harrods(ハロッズ)」があったので何度も何度もお店を覗いては買ってしまうという・・

 

花瓶とティーバッグトレー

デザインはこの時に買ったものとは違いますが、ハロッズのトートバッグ(A4タイプ)

それから

 

映画「ゴッドファーザー」好きの主人に海外版(4巻セット)をお土産に買いました。

一つ心残りなのはイタリアは初めてのヨーロッパ旅行だったので今後のことをあまり考えておらず、国ごとに集めていけるようなもの(マグネットやスノードーム、スプーンなど)を買っておけば良かったです。

続いてイタリア旅行の感想ですが、かれこれ15年ほど前の旅行なので今とはまた少し違うと思いますが、その当時を思い出しながら書いていきたいと思います。※あくまで個人の感想です

イタリア旅行のおすすめ度 ★★★★☆

1 イタリアの人は仕事にやる気なし

勤労意欲をまったく感じません。態度もあまりよろしくない。観光地だろうがホテルだろうがバスだろうがレストランだろうが。おそらく日本人だからいじわるしてやろうとかそういう前にそういうお国柄なのだと思います。観光地が素晴らしいのにそこにいる人たちで嫌な気持ちになったりイライラしたりと残念でした。

2 どこもかしこもうすら寒い

欧米人は日本人よりもだいたい体温が1度高いらしいです。が故なのか寒さ対策がしっかりしていません。外は元よりホテルはオイルヒーターなのであまり温かくならないですし、石造りのレストランも暖房が行き渡らず外の空気が入ってひんやりしています。暖炉が本当に欲しかったです。日本の北海道のような床暖房で半袖で過ごすを目指してほしいです。レストランでは温かいスープばかり頼んでしまいました。

3 トイレがとにかくない

ガイドブックにも書いてありますが、本当にトイレが少ないです。レストランでも個室が1つだけだったりするのでけっこう待ちます。行けるところで必ず行っておかなければなりません。

4 イタリアのレストランは食事はよく選ぶべし

ツアーの食事やレストランによってはいまいちなところもありましたが、ローマで食べたカネロニのようにとても美味しいお店も中にはあるのでネットでしっかり調べていくことをおすすめします。

5 街全体が美術館

ここまでマイナスなことばかり書いていますが、それでも★が4つになるのは、街のいたるところに見どころがあります。特にミラノ、フィレンツェのドゥオモの荘厳な姿には誰もが感動すると思います。加えて美術品もこれだけ充実している国は多くありません。

以上、私がイタリア旅行をおすすめする理由でした。

初めてのヨーロッパ旅行は海外旅行にあまり慣れていなかったこと、寒さが厳しすぎたことなど諸々の事情により少々手痛い旅行となりました。何より疲れや緊張で旅行を心から楽しめなかったことが悔やまれます。

娘はこの旅行でトイレの流し方一つわからず(各トイレごとにボタンだったりペダルだったり紐だったりとわかりずらいのです)、その他にも言語や地図など自分にはできないこと、知らないことがあまりに多すぎるとすっかり自信をなくしてしまいました。今振り返ればこの経験があってこそ娘は成長することがでした。(ほんの少しですが)

今振り返ればこの経験こそが最も大きな財産だったのかもしれません。

 

 

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です