ヨーロッパ旅行回想記 ~イタリア ヴァチカン市国&帰国トラブル編

寒さで体調を崩した娘はこの日も絶不調。けれどもこの日はヴァチカン市国の観光日。娘は「サン・ピエトロ寺院だけは倒れても絶対に行く」と言って何とかツアーに参加しました。昔から歴史好きで高校時代には世界史を選択していた娘にとってカトリックの大本山、ヴァチカン市国だけはなんとしても行きたかったようです。

まずはヴァチカン美術館へ。

   

松かさのオブジェを通って館内へ

上を見ても下を見ても壁を見てもどこもかしこも絢爛豪華な装飾が施されています。

世界史や倫理の教科書にのっている有名な「アテネの学堂」

窓枠ですらこの細かさです。

これは一体何の絵だったのか。。

その後システィーナ礼拝堂でミケランジェロの最後の審判を鑑賞(撮影禁止のため写真はありません)

ものすごく高い天井いっぱいに広がるフレスコ画を首が痛くなるほど見ても全然見切れず、時間ギリギリまで目に焼き付けたいと見つめ続けていたことを思い出します。

ヴァチカン市国の護衛官

そしていよいよサン・ピエトロ寺院へ。

こちらのサン・ピエトロ広場は世界中からの観光客でかなり混雑していました。

いよいよ中へ

ミケランジェロ作 ピエタ像

 

厳かで凛とした格別な空間が広がっています。

私が何もない時代にこれを見せられたらカトリックを信じて疑うことは決してないだろうと思えるほどの迫力と威厳がありました。

世界一小さな独立国にある世界一大きなカトリックの教会は、一度の訪問では見切れず名残惜しみつつヴァチカンを後にしました。丸1日いても足りないくらいです。

ところがこの後、添乗員さんから想定外のお話しが・・。

「帰国日の明日、アリタリア航空のストライキで飛行機が飛ばないかもしれない」と。

どうなるかわからないままローマ市内に戻りフリータイム。昼食で食べた生パスタのカネロニがこの旅行一美味しかったのですが、娘が本調子がないため写真など全く残っておらず。

午後はスペイン広場周辺をぶらぶらお散歩してお土産を買ったりしました。

夕食は、現地ガイドの方におすすめしてもらったレストランで

・アスパラのクリームスープ

・ボルチーニのリゾット

・海老のグリル

などをいただきました。(またしても写真なし)

レストランの近くにあった5つ星ホテル「ザ ウェスティン エクセルシオール ローマ」が綺麗でした。

明日がついに最終日かぁ、などと思いながらホテルに戻ると添乗員さんから

「明日、朝一であれば飛行機が飛ぶかもしれないので、明日観光はなしでホテルから空港に直行します。」と。

さらに

「明日のモーニングコールは3時10分です」と衝撃の一言が。

3時10分!?ってモーニングか・・

とにかく部屋に帰ってから速攻荷造りして寝ました。

ということで本来あと半日ローマ市内を観光する予定だったのがなくなってしまい、行きたかったところにいけず少々残念なことになりました。

そして早朝(深夜)3時10分に起床してローマ フィウミチーノ空港へ。

ホテルの朝食を楽しみにしていましたが、そんな時間はなく。けれでも出発の際、バナナやオレンジなどのフルーツとパンなどを紙袋に入れたものをホテルマンが渡してくれました。

それからホテルといえば、チェックアウトの清算の際、お金を出したところ、「おつりないから払えない」と言われました。(そんなに大きな単位のお金ではなかったはず)今思えば、客に損させるなんてありえないと断固闘いますが(主に娘が)、その時はイタリアってそういうものなのねと諦めてしまいました。

空港は大混雑でしたが添乗員さんが何とか頑張ってくれ、朝7時頃の飛行機でロンドンのヒースロー空港にたどり着くことができました。

しかし次のANAの出発時間まで約8時間ほどヒースロー空港に滞在することになりました。

とにかく暇で免税品を何度も何度も観たりして時間をつぶしました。(やることないのでつい買ってしまう)娘といえば体調不良に寝不足が重なり、胃腸の調子を崩して30分ごとにトイレに駆け込んでいました。

空港内にあった「フライデーズ」で軽い食事をとったのですが、カードで支払った際に店員さんが英語で何か熱心に話かけてくるので何かと思ったら「チップの金額を自分で押して払ってほしい」とのことでした。イギリスにおいても安心してください。チップを忘れた時は声かけてもらえます。(笑)

こうして9日間のイタリア旅行を終え無事に帰ってきました。(娘は帰国早々、救急病院にかかりましたが)

イタリアの旅行記は以上です。感想やお土産は記憶にある範囲で別途書きたいと思います。

 

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です