ヨーロッパ旅行回想記 ~私がヨーロッパ旅行をおすすめする理由~

たびたびブログで触れていますが、ヨーロッパ旅行が大好きです。

これからどこか海外旅行に行きたいと思っている人には、ぜひヨーロッパをおすすめしたいので、少しでも参考になればと(自分の忘備録も兼ね)これまで行った旅行の情報を書いていきたいと思います。

なぜヨーロッパ旅行をおすすめしたいか

ヨーロッパまで行き帰りに半日以上かかります。旅費は高いし、そのうえ物価も高い。あちらは、硬水でお風呂に入っても綺麗になった気がしないし、髪の毛はパサパサになります。日本ほど便利ではないし、親切でもない。(むしろスリなどの軽犯罪に巻き込まれる可能性だってある)

それでもヨーロッパに魅せられてしまう理由

それは

日本とは全く異なる空気

これにつきます。景色、街並み、文化、人(人種というよりものの考え方)など、なにからなにまで本当に新鮮でその国ごとに日本では見たことがない事や物に出会うことができます。

ヨーロッパ旅行に行く前に香港やソウル、ハワイなど海外に行きましたが、ヨーロッパの歴史ある街並みはやはり格別です。写真で何度も見ていたのに実際に肌で感じると感動で鳥肌がたってしまうことが何度もありました。

2005年11月、娘と初めてのヨーロッパ旅行に行きました。初の旅行の地に選んだのは、イタリアです。かれこれ14年も前のことになりますが、今でも初めて見たドゥオーモ(教会)の荘厳な景色は、あまりに強烈な印象で今も消えることはありません。

この年の11月のイタリアは、大寒波に見舞われ、これまで私が知っている真冬の気温を遥かに上回る寒さで慣れぬヨーロッパ旅行がさらに過酷になった要因の一つとなりました。この旅行の反省からこれ以降の旅行は、必ずイタリア旅行の日程より前の時期に行くことにしています。

この時20歳代前半だった娘は、同じく海外は初めてではないものの、あまりのカルチャーショックにイタリア旅行後半のある夜、突然「Good morning!」と寝言で叫びだす始末。おまけに前述の寒さとイタリアの水がかなり硬くお腹の調子を崩し、帰国後、日本の救急病院にかかったほどでした。

その時は「もうヨーロッパなんて絶対行かない。」なんて行っていたのに、すぐに「次のヨーロッパ旅行はどうする」なんて言うのですから、やはりヨーロッパはそれだけ魅力的なのだと思います。

ちなみに娘はその数年後には、チェコのプラハでタクシーの運転手にタクシー料金をぼったくっているのでは?とやり合うほど逞しく成長しました。娘が孫たちを旅行で様々ところに連れて行きたいと考えるのは、自分がこうして様々な旅行を経て大きく成長したと実感しているからなのだと思います。

さて話は戻りイタリア旅行です。9日間でミラノ~ヴェネツィア~フィレンツェ~ローマを周遊するプランでフリーの時間が多いANAハローツアーを選びました。

明日はミラノについて書きたいと思います。

つづく

 

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です