MICHALAK(ミシャラク)のオシャレスイーツ

少し前、伊勢丹新宿店に立ち寄った際「MICHALAK -PARIS-」というお店を見つけました。フランスを代表するパティシエ、クリストフ ミシャラク氏のお店で今年の3月に国内2店舗目としてオープンしたとのことでした。

公式サイトはこちらから。

パリのスイーツと聞いて迷わず購入です。

「ロック&ラグジュアリー」をコンセプトとしたお菓子たち。これまでの可愛いらしいパリのお菓子というよりオシャレで現代的でどんな味なのか楽しみです。

せっかくなのでプティフールっぽく盛り付けてみました。

サブレ ミシャラクモンクール

見た目から素敵なこちらは、ミシャラクのケーキの中で最も人気のサンドビスケットです。

ピンクのバラの部分がメレンゲでできていて軽い食感です。フリーズドライストロベリーと下のココアサブレ、ミルクチョコレート(このチョコレートが少ないけれどかなり美味しかった)とのバランスがぴったりでこれまで食べたことがないものでした。焼き菓子でこのクオリティはすごいです。

こちらはフィナンシェです。どっしりとして食べごたえがあります。どちらも中に入ったナッツの食感がアクセントになっています。

ミシャラクのスイーツは、ポップで遊び心がありつつ、実は味や食感は計算しつくされた洗練かつオシャレなお菓子という印象を受けました。特に「サブレ ミシャラクモンクール」はスイーツ好きの女性に贈ったらきっと喜ばれると思います。

娘が点ててくれた抹茶とともに

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です