東京散策に行ってきました① 〜浅草 今戸神社〜

本日もじっとり湿った蒸し暑い1日でした。まだ夏本番前だというのにすでにバテ気味です。

というのも今日は本格的に暑くなる前に都内の行きたいところをまわることにしたのですが、予想以上の暑さで背中から汗が流れるほどでした。

まず訪れたのは、浅草駅から徒歩15分ほどに位置する縁結びと招き猫で有名な『今戸神社』です。

と思ったら写真の浅葱色のダンダラ模様の中に「沖田総司終焉の地」の文字。調べてみるとどうやら幕府御典医 松本良順が当時、今戸神社に住んでいて沖田総司を診ていたからということのよう。

幕末なんてまだ150年ほど前で地球上の長い歴史の中ではつい最近のことですが、歴史上の人物が実際にこの場所にいたのかと思うとやはりロマンがあります。

特に新選組は、娘が2004年の大河ドラマ「新選組!」にハマり、当時、京都の壬生寺や西本願寺の他、日野の高幡不動尊、日野宿本陣などあらゆる新選組ゆかりの地を訪れて(付き合わされた?)います。

家に帰って娘にさっそく「沖田総司終焉の地」を見てきたと話をしたら、かなり羨ましがっていました。(未だに好きなようです)

風情のある本殿です。境内やお庭、社務所などいたるところに可愛らしい猫の置物や招き猫がいっぱい。縁結びのご利益もあってか私が行った時には若い女性が多かったです。

お参り後にご朱印をいただき娘のお土産に期間限定の縁結びのお守りを買いました。縁結びというと恋愛成就と一般的に思われがちですが、恋人だけでなく家族、友人、さらには仕事、お金など様々な人や物、事とその字のごとく縁(えん)を結ぶ(つなげてもらう)ということだそうです。

この歳になると「ご縁」ってあるもんだなあとしみじみ思います。娘にも一つ一つの縁を大切にしていってほしいです。

そういえばたまたま行った神社が新選組ゆかりの地とは、私と新選組にもきっと縁が結ばれたのですね。

浅草駅に戻る途中でふと横を見ると大きなスカイツリーが。

浅草駅は久しぶりに訪れましたが、多くの観光客で賑わっていました。今日は浅草の有名な観光地には行かず、その喧騒から逃れてのんびりと散策することができました。

次はその足で上野駅に向かいます。

明日に続く・・

 

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です