日本ならではの食卓

週末あたりから曇り、雨の日が多くなってきてようやく梅雨本番といったところでしょうか。

さて今日の夕飯です。

・枝豆

・きゅうりと卵の和え物(最近すっかりハマっています)

・いわしの塩焼き

・白菜とネギの味噌汁

白菜をごま油で炒めてからトロトロになるまでじっくり煮込むのがコツです。

・ブロッコリーのクリームパスタ(定番の)

なんだかまとまりのないメニュー・・。写真にはありませんが、夫はこれにプラスして白米とシューマイがついています。まさに和洋折衷です。

我が家ではありがちです。いわしの塩焼きがあるにもかかわらず、すでにみそ汁を作り終えたにもかかわらず、ブロッコリーのパスタが急に食べたくなってしまい、冷蔵庫にちょうど生クリームがあったのでつい作ってしまったのが原因です。

家族はこれに慣れっこなので何も言いませんし、まあこれはこれでOKかなと勝手に思っています。

ということでさらにこのメニューに白ワインを一杯合わせて美味しくいただきました。

それにしても和食に始まり、チャプチェに餃子、グラタン、パスタ、ローストビーフ、カレー、パエリアと世界で日本ほど家で様々な国の料理を作る民族はいるでしょうか。

時々(いや、しょっちゅう)日々の食事作りが楽な国に生まれたかったと思うことがあります。

今は外食やお惣菜など昔と比べて楽にもなりましたが、逆につい数十年前まで売っていなかったような物がたくさん店頭に並ぶようになったことで料理の選択肢が広がりすぎていると感じることがあります。我が家のメニューはあまり変わり映えしませんがね。

時々手を抜きながら、美味しく楽しく暮らしていきたいです。

 

 

 

 

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です