旬の魚を楽しむ食卓 

久しぶりの食事ネタです。ここ最近のメニューを少しだけ。

今年はとにかくサンマがお高い。今年はこのまま食べることなく終わってしまうのかと思っていましたが、ようやく近所のスーパーで鮮度、価格ともに納得できるものが出ました。

その日は、私は買い物には行かず夕飯のパスタソースを作ろうとしていたところ娘から電話があり「今日は良いサンマがあったからそっちを夕飯にする。」と電話が。

我が家ではサンマを焼くのはなぜか娘の夫が担当していて、この日も娘の夫がサンマを焼いてくれました。

 

ごはん、味噌汁、サンマの塩焼き(大根おろしとカボスを添えて)に野菜炒めのシンプルなメニューでしたが、今年初のサンマは脂がのっていて本当に美味しかったです。下の孫は初のサンマに手を叩いて大喜びで一尾食べきりました・・。

皮がパリパリでとても美味しく焼いてくれたのは嬉しいのですが、サンマの盛り付けの頭が逆になってしまったのだけ惜しかったです。(言いたいけれど言えない小心者)

サンマをご飯と楽しむか、お酒と楽しむか。週末は各々楽しんでいます。一緒に写真に写っているお酒は「麦とホップ」の限定の赤です。これがけっこう美味しくて最近ハマっています。

またある日の夕食は、新鮮ないなだのお刺身が柵で売られていたので、自宅で切っていただきました。

 

この日は大分の地ビールとともにいただきました。お味噌汁の具はなすです。上の孫が一番好きな具なので最近よく作っています。

美味しいなあと思っていなだを調べてみたら夏から初秋が旬とのことで納得です。

お刺身を買った時に子どもたちには、昆布だし、酒、みりん、醤油で簡単に煮魚にして出しています。

私が娘を育てていた時は、今よりももっと安く魚が手に入っていましたが、今は高くてなかなか食卓に出せません。この間、ネットで数十年後にはサンマは食べられなくなるという記事を読んで残念な気持ちになりました。

孫たちは魚が大好きなのでこれからもできるだけ魚を食卓に出してあげたいと思います。

 

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です