3連休最後の夕ご飯は

だいぶ体調が回復してきたので今日はより元気になれるようなメニューが良いと思い大好きな餃子を作りました。

昔、まだ私が小学生くらいの頃、よく母が餃子を夕飯に作ってくれました。その日はお米は出さずにとにかく餃子だけを何十個も食べるんです。鉄のフライパンで何度も何度も餃子を焼いて、台所と食卓を行ったり来たりと忙しく動いていた母のことが思い出されます。母から教わった餃子のレシピはキャベツ、ニラ、ネギを茹でてから細かく刻むというものでした。

今日のレシピは、野菜をしゃっきりといただきたかったので、刻んだ野菜を塩でしんなりさせ水気を切ったものを使いました。

家族6人分なので一度に50個ほどをホットプレートで一気に焼きあげます。

ゴマ油で香ばしく焼きあがりました。

付け合わせは中華風サラダに

中華風の鶏ガラスープを

皮がパリパリにできて中はジューシーで美味しかったです。孫たちも美味しい美味しいと食べてくれました。

美味しくできて満足ですが、昔食べた母のつくる餃子の味を超えることはできないでしょう。私も母のようにいつまでも家族の記憶に残るようなご飯を作れたらいいな。

クリックいただけると励みになります。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です